金持ち父さん貧乏父さん

2.22.2021

金持ち父さん貧乏父さん

資本主義社会を生きる上で、全員がこの内容をしっていて損はない内容が書かれています。

「金持ち父さん貧乏とうさん」

皆さんも一度は聞いたことがある本ではないでしょうか。

本書を知ることで、世の中の仕組みというものがわかり、

更には自分がどのポジションなのか

どうするべきなのかを整理し

この先の人生を成功させる手がかりになるものです。

 

僕は1年前にこの本に知り、自分の志すところはどこなのか、今一度考えさせられました。

そして、新たな目標を立てるきっかけ作りになりました。

 

金持ち父さん貧乏父さんだけでなく

僕自身お金にまつわる本を10冊ほど読んで学んだことなのですが

何が正しくて、何が間違っているのかはっきりとわかってきました。

 

 

もちろん全員に答えが当てはまるものではなく、それそれの価値観が存在し

何を幸福を考えるのかは、様々なので答えが一つではないことはご理解ください。

 

さて、本書には4つクワドラント(カテゴリー)という言葉が何度も出てきます。

 

それは、

従業員

専門家

経営者

投資家

 

結論をいうと、従業員、専門家は金持ちになれず

経営者、投資家のみ金持ちになれると書いてありました。

 

ここの違いはいったい何が違うのか?

 

答えは1年間休んでも生活できるかできないか

ズバリそこの違いでした。

芸能人、弁護士、お医者さんでも、この本書で述べられている金持ちという定義ではないんですね。

本当の金持ちは、自分が働かなくても収入が入ってくる仕組みが出来ているのです。

 

いわゆる不労所得

 

それは、人に働いてもらい収入を得る経営者になるか

お金に働いてもらう投資家しか道はないのです。

 

従業員はお給料ももらうまでに、税金が引かれていて総利益に課税されます。

一方、専門家は収入から経費がかかり、引いた純利益に課税されるのです。

 

どちらが税金をたくさん納めているのかというと

従業員、世の中のサラリーマンがたくさん税金を納めているのです。

世の中の中小企業、大企業の経営者は

税金から逃れるために違法ではなく、合法で節税ということをしています。

 

フリーランスの方もその仕組みはきっとご存知ですよね。

納税の金額は所得に応じて変わってきます。

 

年収が高ければその分税金の割合が高くなっていくのです。

これを所得税といいこの割合は大きく反映するんですね。

 

さて、ここからどうしていけばいいのか

お金持ちにはなれなくても不安をなくすことができれば未来はきっと明るくなります。

 

老後が不安だから貯金するけど、いったいいくら貯めれば安心なのか?

支出、収入をまず把握しなければ、不安は無くなりません。

 

そこで、今までもいっていましたが、副業から始めることがその1歩となります。

その次は起業し、経営者(ビジネスオーナー)になり、

最終的に投資家になることがお金持ちへの道です。

 

これは、一般の方の道筋です。

 

いきなり投資家にはなれないのです。

 

もともとお金持ちの方は、種銭があるのでお金に働いてもらえることができるので

今世の中で起きていることは、

お金持ちがどんどんお金持ちになっている現象が起こっているそうです。

(ここでいうお金持ちは純資産が純資産が3000万以上でいっています)

 

この知識があるのとお金持ちが貧乏になることはまずありません。

 

学校では専門家になることしか教えてもらえないので

しっかり勉強することで経済的にも自由ななれるはずです。

 

金融の知識についてはまだまだたくさんありますので

これからも発信していきたいと思っています。

 

目指せリベラルアーツ

Reserve

03-6904-1479

電話予約

LINEで予約する

LINE予約



※当日のご予約はお電話でのみ承ります(受付時間:9:00 - 17:00)。尚、施述中の場合はお電話が繋がらない場合がございますので、予めご了承願います。
※LINE予約は営業日7:00 - 21:00にて承ります。またご利用いただくにはお友達に追加が必要です。
※上村はカット最終受付が16:00、カラー・パーマ最終受付が15:00とさせていただきます。また、小さな子どもがおりますので、当日急遽お休みをいただく場合がございます。ご迷惑をおかけいたしますが、あらかじめご理解・ご了承ください。

お客様の口コミ