ReFa(リファ)ドライヤーの使い心地

12.2.2020
リファドライヤーの使い心地
リファで販売されているドライヤーをお店で使ってみました!
リファの方の説明も含めて、僕の感想ものせておきます。
まず、第一印象ですが、キラッキラしてます。 笑
梱包から高級感があり、開ける瞬間はワクワクでした。
風力もまあまあ強いので、音もそれなりに大きいと思います。
1番の売りは
「誰が使ってもダメージを与えない」ことです。
センサー機能が、温度を自動で察知して、オーバードライを防ぎます。
ご自宅でもサロン様で乾かすドライ技術を再現する事によってどなたが使ってもダメージを起こさせません。
ドライヤー市場にはダメージ補修を行うドライヤーや、早く乾かすドライヤーはたくさんあります。
ただ、一般の方がいい風や早く乾くドライヤーを使ってもオーバードライは必ず起こしてしまいます。
そこに着目し、ハイドロイオンという風を出し、どなたでもダメージしないよう安心して、使っていただけるようになっております。イオンドライヤー
髪の外側、キューティクルの補修を行なってくれます。
例:パナソニックナノイー個人的な感想ですが、髪を乾かす時間をなるべく短くすませたいなら、今お店で使っております、
クレイツのドライヤーの方が早く乾きます。
クレイツの風量の方が若干強く温度が高いのが理由です。
温度調整が、40℃〜120℃と出来ますが、高めの温度で乾かし続けると、表面や毛先のほうはオーバードライの可能性があります。
その点、リファドライヤーは温度をあがりすぎないように自動で察知しますので、ダメージはほぼなく髪がしっとりと乾くようなイメージです。

これが世間では、レア髪といわれてるみたいです。

細かい違いは他にもありますが、大きな違いはここになります。
どちらも一長一短ありますが、お客様にあったものを使っていただけたらと思います。

ご参考まで!
お気軽にご相談ください。
BACK